ハイセンスが映像作成が素人には出来ないわけ

ハイセンスな映像作成

素人が作る映像作成

素人が作る映像といえばどんなものでしょうか。
ビデオカメラで背景や人物を撮影し、その映像をチェックするという作業が大まかに一般的だと思われます。
その作業の中ではカメラアングルなどに気をつけて撮影している方もたくさんいますね。
果たして映像作成はそれだけで終わるのでしょうか。
もし、映画やCM作りで使われるような映像の質まで目指していきたいならば、単純な撮影環境ではどうにもなりません。
必要な道具たちを揃えてから、本格的な映像作成を始めていきます。
ではまずプロが用意するものは何でしょうか。
何十万も何百万もするカメラ、音質を正確に捉えるためのガンマイク、被写体を美しく見せるためのラフ板、どれも金をかけて最高級の機材を用意して良質な映像作品を作成していくことが多いです。
しかし、これらの機材では一般人の人たちがすぐに用意できるのも不可能には近いでしょう。
さらに一つ一つ、撮ったワンシーンの映像をつなげるためにも、パソコンで編集をしなければなりませんが、そのソフトにもかなり上質のものでないとよりいい映像作品には仕上がりません。
このように準備、技術を積み重ねて生み出した新しいスキルを確保しなければならないものが沢山あります。
これが素人とプロでのわかりやすい違いでの例です。
もし、かなりの上質での映像作品を作成したいならば一つ一つ機材のことを細かく調べるのがいいでしょう。
そこでどうやったら綺麗な映像作品ができるのかヒントが見つかるかもしれません。

TO_TOP