ハイセンスが映像作成が素人には出来ないわけ

ハイセンスな映像作成

>

ハイセンスな感覚とは

どんなドラマで映像を作成していくのか

例えばスポーツドラマならば、どんなプレーヤーのプレイ画面を、ヒューマンドラマだったらどんな人の人生観を、ラブストーリーだったら純愛なお話で映像作成していくのか。
様々なドラマに対してのインスピレーションは人によって構想が異なります。
その中でも一線を画するようなセンス、それがハイセンスな人たちですが、彼らはどのような構想を練っているのでしょうか。
スポーツマンの目線を中心に撮影するドラマや、サッカーボールの目線を中心にする撮影など、いろんな視点を自分の技術を編み出して、誰にも作成できないような撮影技術を繰り出していきます。
その芸術作品に感動してしまった人たちの構想、それらがハイセンスと呼ばれる所以です。

アニメの映像作成

また映像作成にはアニメにも加わりますね。
アニメならば漫画からの原作があり、それに沿って映像を作成することは可能ですが、実際に行うのは難しいです。
漫画の一挙一動には全部何千枚もの原稿がない限り映像が作成できないのです。
また、そのアニメの世界観を壊さないように、何度も映像作成できたら細かくチェックに入らなければなりません。
その映像を作る際に自分のインスピレーションを封印して、原作者の訴えたい思いを優先し、それをどう表現するのかを心がけなければなりません。
なので、漫画のハイセンスさとじぶんのハイセンスさをどううまく共存して、視聴者に訴えかけるのか、それがこの業界での要です。
クリエイターは周りの要望にしっかりと応えなければなりません。


この記事をシェアする
TO_TOP